看護師

口コミを参考にしよう

いぼを切除する場合には、様々な方法があるので、事前にカウンセリングを受けてどういう方法が適しているのか確認をしておくとよいでしょう。費用に関してもカウンセリングで見積りを出してもらうことができる場合もあります。

詳しく見る

男性医師

綺麗に取り除ける

いぼを自分で取り除こうとすると出血や化膿などを引き起こす事がありますが、病院であれば安全な切除が可能です。さらに術後の処置を正しく行えば傷跡も殆ど目立つ事無く切除が可能なので、いぼ切除は人気を集めています。

詳しく見る

診察

病院での治療がおすすめ

いぼは多くの人が悩む肌トラブルですが、時にはウィルス性のものや悪性のものである可能性もありますので、まずは診察や検査を受けましょう。治療方法はレーザーによる切除や液体窒素凍結療法、塗り薬など様々な種類があります。

詳しく見る

女性

綺麗に手早く

綺麗にいぼを切除してもらいたいなら、経験が豊富な医師が良いため、近所で長年診察をしている皮膚科や美容整形外科に行きましょう。そのためにはまず予約を入れたいのですが、ホームページにアクセスしておくと、何かと便利です。

詳しく見る

看護師

綺麗な皮膚になるために

皮膚に出来たいぼの切除は、治療は短時間で行うことが可能ですが、その後のアフターケアが非常に重要です。肌を清潔に保ち、切除部分が綺麗な状態に戻るまでしっかり自宅でもケアをします。また、再発防止のためにもいぼの原因を把握しておく必要があります。

詳しく見る

原因を知って除去

女性

どんな特徴があるか

今迄は何もブツブツした物がなかったにも関わらず、急に何らかの出っ張った部分が出来てしまうという事は珍しくありません。特にその突起にある程度の固さやサイズがある場合は、いぼとなっている事もあり、必要に応じて切除する事になります。いぼは肌の表面に出来た出っ張りという事はよく知られていますが、その原因となるものは大きく分けて2つあります。一つはウイルスで、通常肌自体はバリア機能が整っているのですが、何らかの影響でその機能が低下してしまうとウイルスに感染することがあります。最初は少し出っ張っていたり少しだけ肌が硬くなったりするだけですが、いつしかその出っ張りが大きくなり、時には中から芽が出てきたようになる事もあります。ウイルス自体は接触感染でどんどん増えて行くので、肌に出来ているのを発見したら病院で切除するようにします。ただウイルス感染ではなくても、肌の表面にいぼが出来てしまう事があり、その場合に関係するのが紫外線です。人間の肌は紫外線によって得られるメリットもありますが、その反対にダメージを受けてしまったり老化を促進したりする事もあります。その一つとしていぼがあり、肌を露出する事が多い紫外線を浴びやすい部分に出来るもので、老人性いぼ等と呼ばれています。いぼは肌の表面に出っ張っているのですが、個人でハサミなどを使って切り取るのは非常に危険です。この場合は病院に行ってその状態に合わせて施術を受けて除去してもらうというのが、傷跡の残り具合等から言っても安全です。いぼ切除治療を行う場合は、まずは患部の状態がどのようになっているかを調べ、その状態に合った方法が検討されます。一般的に現在行われているのは液体窒素を利用する方法と、炭酸ガスレーザーを照射する方法、さらに電気メスを利用して切除する方法です。ただこれらの方法は単体で行う事も出来ますが、色々な方法を組み合わせることによって相乗効果を期待しながら切除する事も可能です。またいぼ切除治療はただ取り除けばそこで終わりということではなく、その後のケアも必要となります。液体窒素の場合は何度か施術を行い、値の部分が完全になくなったと判断できるまでは定期的に病院に通います。炭酸ガスレーザーと電気メスの方法は1回の施術で完了する場合もありますが、必要に応じて術後数日経過したら病院で傷跡の状態をみてもらうようになっています。

Copyright© 2018 気になるいぼは切除しよう【状態に合った方法】 All Rights Reserved.